HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

日本がエコ社会になっていかないという問題

日本がエコ社会になっていかないという問題は宗教家、ヨガインストラクター、ミニマリストの間では常に話題になっています。日本は大量生産、大量消費の考え方に基づいて経済発展をしてきた国なので、他国に比べて、消費しないことに抵抗があるのです。日本ではエコというとエコ商品などへの買い替えを連想する場合が多く、環境の為というよりも、エコで儲けようという発想が多く見られます。 本当のエコ暮らしはエコカーやエコ冷蔵庫などを使うことで実現されるのではなく、車や冷蔵庫を使わないことで実現されるのです。エコカーを買うことは普通の車を買うよりはエコですが、車を買うことで自然破壊につながるものです。日本人はエコを誤解している人も多く、ミニマリストの生活もなかなか普及していきません。

応援企業

菊池友佑は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 菊池友佑
WEBサイト 菊池友佑の特許ランキング確認ページ
事業紹介 経営者である本人が自ら最前線で集客やセールスなどのノウハウを蓄積しながら事業を拡大している。 決まった業務はアウトソーシング又はシステム化して効率的な経営を行っている特徴がある。 菊池友佑(きくちゆうすけ)さんが取り扱う商品は、全て自信を持ってお勧めできる商品だが職人技術が光る革製品が一押しだと語っている。 商品の背景にある文化やこだわりなどの商品の物語や「マイスターメイド」のシンプルでも高品質な商品がお客様から評判を得ているという。 菊池友佑(きくちゆうすけ)さんは、国連サミットで採択された持続可能な開発目標であるSDGsについても力を入れている。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1~30

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。